ホ・オポノポノ実践記セカンドシーズン⑧

ホ・オポノポノ

ホ・オポノポノ実践記セカンドシーズン⑧

今回はたくさん存在するクリーニングツールの一部をご紹介します。

『ブルーソーラーウォーター』(クリーニングウォーター)

・用意するもの:青いガラスのボトル。プラスチックはNG。
・水道水や浄水器を通した水を満タンに入れて、金属以外のもので蓋をする。我が家ではサランラップをかけて輪ゴムでとめている。
・その蓋をしたボトルを日に15分あてる。
・太陽が出ていない日暮れからは、白熱灯の下に15分置いておくだけでも同じ効果を得られるので24時間体制で作ることもできる。
・出来上がった『ブルーソーラーウォーター』を飲みまくり、トイレに行きまくる。
・ぺットボトルに移して常に所持してやはり飲みまくる。
・ウニヒピリのケアの一つとしてブルーソーラーウォーターを教える。

Embed from Getty Images

『消しゴム付き鉛筆』

・用意するもの:消しゴムが付いている昔ながらの鉛筆(※削っていないもの。※HBなど芯の濃さ、柔らかさは関係ない)

①消しゴムつき鉛筆を持ち、「デュードロップ」という。
そうすると、消しゴムつき鉛筆がクリーニングツールに早変わり!もう、クリーニングツールとして使用可能になる。

②使い方
問題を書いた文に沿って、消しゴムつき鉛筆をなぞっていく、というのがスタンダードな使い方。
良い悪いに関わらず、関わりのある(あった)人の名前や建物、土地の住所等を紙に書きだして、それを消しゴム付き鉛筆の消しゴムで軽くなぞったり、トントンと軽く叩くだけでクリーニングができてしまうという手軽さ。素晴らしい!
ちなみに、デュードロップっていうのは「露のしずく」という意味。

Embed from Getty Images

『イチゴ、ブルーベリー』

実際に食べても良し。イメージだけでも大丈夫!メモリーを、からっぽにしてくれる。

Embed from Getty Images

『バニラアイスクリーム、マシュマロ』

・考え事をする時に食べるといいそう。
・頭を使うとどうしてもメモリーが出てくるので、同時にクリーニングしてくれる。

Embed from Getty Images

まだまだクリーニングツールは続きます。

アロハ!


10年前に取り組み始めたホ・オポノポノ。しかし仕事が多忙になるにつれ、いつしかクリーニングとは疎遠になっていました。そして仕事も人間関係も心も体もどん底まで落ちぶれてしまった今、ある一言がきっかけで、またホ・オポノポノが突然戻ってきました。『ホ・オポノポノ実践記セカンドシーズン』始まりました。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ